バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< geppeiのアートグッズ | main | 木の影 >>
ねこ関係の本
昨年末、猫を保護した時は、とるものもとりあえず
猫の飼い方に関する実用本を借りてきて読みました。
相方は猫育て経験者でしたが、自分は右も左もわからなかったので。

ちょっと落ち着いてきて、今読んでいるのは
「人はなぜ犬や猫を飼うのか/有馬もと(大月書店)」という本。
主にアニマルセラピーに関する内容です。
動物とのふれあいが人間もたらす好影響について
様々な事例を紹介していて興味深いです。

「グーグーだって猫である/大島弓子(角川書店)」は
映画化以前に読んでいましたが、今読み返すとやはり感情移入度倍増ですね。
猫の魅力のツボをしっかり押さえていてさすがですが、
獣医さんの善し悪しなど実用面でも結構参考になります。

猫というと犬と比べて「文学」と縁が深い気がします。
「ノラや/内田百痢蔽羝文庫)」は、愛猫の失踪に大きく落胆しつつも、
あの手この手で探し回る様が日記形式で延々書かれています。
あまりにも痛々しいので途中で読むのが止まっていますが、
自分の情けない姿をこれだけさらけ出せるというのもすごい。

その内田百里了嫋△任△襦峅凸權石」の
「我が輩は猫である(岩波文庫)」は買ったばかりです。
自分は、こういった基本的教養とも言える日本文学を読んでいない(反省)。
たいそう厚い本なので読むのにちょっと時間がかかりそうですね。
(でも楽しみ。)

余談です。大佛次郎(おさらぎじろう)もまだ未読の作家ですが
大の猫好きで常時10匹以上飼っていたらしい。
先日、執筆中の写真を見かけましたが、ほんとうに猫だらけで
この状態でよく仕事ができるものだと感心しました。

自分はといえば、たかが一匹に振り回されているわけで、
早くこうした胆力を身につけたいと思うのです。
COMMENT









Trackback URL
http://jb-diary.geppei.com/trackback/919442
TRACKBACK