バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Ball Game | main | 河原散策 >>
ウイリアム・ケアリ
「十字式健康法」という治療法があります。
キリスト教系の「十字式健康普及会」という組織がやっているもので
気功(外気功)のようなものなのですが、
疲労がたまったときに、時々お世話になっています。

コンピュータを使ったデザインワークは、つい姿勢も悪くなり、
肩・首・腰・眼などに支障が出てくるのです。
さらに、アコースティックギターを弾くときの体勢が
極端に足を組む形で、どうしても身体に負担がかかるのです。

会場の待合室には
キリスト教関係のマンガが数冊置いてあるのですが
待ち時間にこれを読むのを楽しみにしています。
自分は基本的に仏教の影響を受けていますが、
世界3大宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム経)についても
偏見無く平等に勉強したいと思っていて、
聖書も少しづつですが、旧約から読んでいます。

ここの治療を受けるのに、
クリスチャンである必要はまったくありませんが
困ったときだけ「神頼み」になる考えは好まないので、
意識的にキリスト教の世界にも触れようとしているのです。

今読んでいるのが
「ウイリアム・ケアリ物語/Calling(らみいコミックス)」。
18世紀末にイギリスからインドへ渡り、
プロテスタント初のインド宣教師となった人物の話で、なかなか感動的です。
自我を捨てて神に全てを託してしまう生き方って
一見きついようでも、結果的には「楽」なんだなあ・・
と、思わざるを得ません。

キリスト教、インド、カルカッタ、というと
やはり「マザー・テレサ」を連想します。
ウイリアム・ケアリという人物は彼女の大先輩
ということになるのでしょうが、まったく知名度がない。
ネットで検索してもこの本に関するもの以外は
ほとんど出てこないのです。

気になるなあ・・。
COMMENT









Trackback URL
http://jb-diary.geppei.com/trackback/879754
TRACKBACK