バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アート・スタディーズ 第13回 | main | 新年のごあいさつ >>
プチ父親体験(ねこ編)
自分は元来「猫」が大好きです。
今住んでいる界隈には猫好きの人が多いらしく
ノラ猫(地域猫)達も悠然と歩いている風景が気に入っています。

車道をはさんだ向かいのお宅(大家さんの本家)玄関前も
地域猫2匹のえさ場になっていて、
自分はほぼ毎日、彼らにご飯をあげに行っています。
先週末も、いつも通りお皿を置いて戻ろうとしたのですが
突然、横から見知らぬ子猫がよろよろと出てきて、
いきなりじゃれついてきました。
しかも、しゃがむと膝や肩にまでに乗ってきてしまう。

ノラらしからぬ人なつっこさにびっくりしたので、
とりあえず抱きかかえて猫に寛大な大家さんの妹さんに
話を聞いたのですが、どこから来たのやらさっぱりわからない。
しかしただでさえ年末の寒い時期。しかも翌日から大雨や大風で天気は大荒れ。
とりあえず地域猫用のダンボールハウスでしのいでいたようなので、
時々ごはんを与えて様子を見ながら時間が経ちました。

そしてやっと天候が収まった2日めの夜、
鳴き声に気づいて玄関のドアをあけると・・。
そこには危険な車道を渡ってきた子猫が座って僕らを見上げていました。

しま柄の三毛・♀・推定4ヶ月ほど、
捨てられたか、迷ったかはわかりません。
猫好きといっても今まで飼った経験はない自分は、
この予想外の来訪者のために、あたふたと慣れない仕事をやっています。

とりあえず、相方が猫育て経験者でよかった。
仕事も一段落で忙しくなくてよかった、という所です。
注)相方の実家のクロ猫は「今週の相談役」参照
 →http://soudan-nyaku.blog.so-net.ne.jp/

動物病院にも連れて行きました。
人間で言う「インフルエンザ」にかかっていたのと
短期間とはいえノラ生活経験があるので
いくつかの問題はありましたが、
致命的なものではなく、治療中です。

そんなこんなで、子猫と共に年末年始が過ぎてゆきそうです。
「プチ父親体験」という感じですね。

chibi
仮称「ちび子」。見上げ顔がぐっときます。
※まんが「ワガハイとチビ丸/砂川しげひさ(朝日新聞社)」の
「チビ丸」に似ているが、♀なので「ちび子」。
COMMENT









Trackback URL
http://jb-diary.geppei.com/trackback/827298
TRACKBACK