バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< MySpace | main | あいうえon楽団 >>
読経のすすめ
MySpaceにアップした楽曲で思い切り「読経(どきょう)」しているのでその話をします。読経とは字の通り「お経」を声を出して「唱える」こと。ほとんどの宗教で聖典を読むだけでなく唱える習慣があると思います。自分は一昨年、都内某禅寺の日曜座禅会に通っていたのですが、そこで始めて読経を経験し、意外にも気持ち良かったので、はまってしまいました。(※一般向けの座禅会は通常、座禅・読経・説教などがセットになっています。)

いろいろ効用があると思うんですが、まず大きな声を腹から出すと言う点。歌と同じく腹式呼吸になるので結果的に脳にたっぷりと酸素を送ることになる。当然健康に良い。

あと「お経」というものは「釈迦」の教えを弟子達が何代もの長い年月の間にまとめていったものですが、基本的に浄化を目指すポジティブな内容が多い。精神科医の「斎藤茂太」さん始め多くの方が、毎日ポジティブな言葉を発することが自分の脳に好影響を与え、結果的に心身共に健康へ向かう、ことを科学的に論じられている。仏教嫌いな方は、例えば「聖フランチェスコの祈り」でも何でもかまわないわけですが、いい言葉を口ずさむ習慣は心と身体に良いようです。

ちなみに、メロディがあって詞の意味もはっきりとわかる「Jポップ」などを聴くときと、すぐには意味がわからずわかりやすいメロディもない「お経」を聴くときとでは、脳のモードが変わるそうです。前者が「論理的覚醒状態」に向かい、後者は意識の台頭をおさえ「瞑想状態」へ向かう、ということで、読経→座禅(瞑想)という流れが科学的にも理にかなったものなんですね。

MySpaceにアップした「唱えろ!比類なきこのマントラ」で取り上げているのは、有名な「色即是空(しきそくぜくう)」というフレーズが入っている大乗仏教経典「般若心経(はんにゃしんぎょう)」です。内容は大変高度なので一口では説明できませんが、仏教の精髄である「空性(くうしょう)」についての解説です。


shiki-soku