バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新年のごあいさつ | main | 禅のことばなど >>
「劇団★死期」初映画鑑賞
バンドウの楽曲が使われているオルタナティブ人形劇団「劇団★死期」の初映画、
昨年、11月末に書いた渋谷アップリンクでの公開(未見)のあと、
1/10日(火)に再び上映の機会があり、やっと観ることが出来ました。

神保町の美学校での定期イベント「会田誠の月イチぼったくりBAR」(すごいタイトル!)の第10夜。この日は、ゲストに劇団主宰の岡田裕子さん、団員の北川裕介さん(岡本太郎美術館非常勤)を招いて映画上映とトークが行われましたが、入場者は予定の2倍という大盛況でした
http://bigakko.jp/event/2016/aida10


右から会田さん、岡田さん、北川さん(photo by chisato saito)

岡田さんは過激でユーモアある映像作品によって評価されてきた現代アート作家ですが、
今回は劇団名義の初映像作品。助成金などに頼らない手弁当での制作ということもあり、
メンバーから集めた未使用のムービーの断片なども使い、柔軟にストーリーを組み立てた趣です。 とはいえ様々な社会問題を織り込んでアート作品としての完成度も高く、さすがと思いました。

先月、ちょうどNHK Eテレ「100分de名著」でレヴィ=ストロースの「野生の思考」をやってましたが、そこで話題の中心になっていたのが「ブリコラージュ」という思想。低予算でもあるものを最大限活用して作り上げていく岡田さんの手法もその辺に通じるもので非常にタイムリーでした。

そういえば自分のパソコンには使われなかった音源が膨大に眠っています。なんらか活用したいですね。
映画音楽の方は、自分が9年前に作った「唱えろ!比類なきこのマントラ」を最後に主人公が逃亡するシーン〜エンドロールにかけて大音量で使用していただきましたが、映像と読経をベースにした音楽がけっこういい効果を生んでいて新鮮でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<月餅商店>
<タイポグラフィ作品の記事一覧>
<新作アートブック取扱店情報>

COMMENT









Trackback URL
http://jb-diary.geppei.com/trackback/1231743
TRACKBACK