バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< YouTubeに展示記録アップ | main | タイポの話3「篆刻」 >>
フォント作り
タイポグラフィ作家と名乗っていますが、書体を作る「タイプデザイナー」ではないので、あえてフォントは作ってきませんでした。しかし思う所あり夏ぐらいから少しずつ取り組んでいます。といっても、あくまで作品制作の土台に使うためなので販売などは考えていませんが・・。

比較的廉価で使いやすそうな武蔵システム社のOTEditというソフトを買いましたが、まずは鉛筆描きの下絵からイラストレータでのトレース作業段階。数千字必要な漢字は無理としても、ひらがな、カタカナ、数字、アルファベット、記号ぐらいカバーできればと思っています。

はじめは初期の作品で多用していたクセを書体化しようと試みましたが上手く行かず一旦放置。その後、丸みとボリューム感を活かした新規の書体に取り組んでいます。以前紹介した新作「いろはにほへと」はこの書体作りの過程でできたものです。

比較的すぐできる文字もあれば、難儀する文字もありますね。「ゆ」なども難しい方なので悩んでいます。(点線はガイドラインです)

上は最初の形ですが、どうも納得行かず一晩寝てから下のように変えました。

左右均等すぎたバランスを変えて右側に重心を置き、つなぎの細線も垂直から斜めにすることによってシャープさを出しました。
五十音全部作ってからいろんな単語を組んでみてまた修正になるとは思いますが、今までは文字の「集合体」の構造的な面白さを追求することが多かったので、一文字一文字をとことん詰めていく作業は今後の作品に役立っていきそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<月餅商店>
<タイポグラフィ作品の記事一覧>
<新作アートブック取扱店情報>

JUGEMテーマ:アート・デザイン

COMMENT









Trackback URL
http://jb-diary.geppei.com/trackback/1231735
TRACKBACK