バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Tシャツ試作 | main | アートブック「constitutionalism」取扱店情報1 >>
アートブック完成!!
昨年から今年初頭にかけての活動を集約したアートブック「constitutionalism」。
憲法記念日を前にしてに納品されました\(^O^)/



テーマにしてきた「聖者賢者のことば」は人間の愚かさを戒めるようなことばが多かったですが、今回は日本国憲法の中の「基本的人権」に関する条文を中心に、そのバックボーンにある「アメリカ独立宣言」「フランス人権宣言」などもタイポグラフィで表現しました。福島の原発事故以降、あれよあれよという間に国民の人権が後退させられている現状があります。日本国憲法第97条に書かれている「多年に渡る努力の成果」があっさりと失われつつある・・。では本来、人間の存在が憲法やその他の人権宣言ではどう規定されているのか?という疑問がこのアートブックのテーマと言えます。

タイトルの「コンスティテューショナリズム」とは近代憲法の背後にある原理「立憲主義」のことです。発音しづらいですが、この機会に覚えてもらえれば幸いです。
constitution=憲法
constitutionalism=立憲主義
※constitutionには「構成、構造」の意味もあり、これも制作のヒントになっています。

「立憲主義」とは、権力者の暴走を法によって歯止めをかける原理、という認識が一般的ですがそれほど単純でもないので、憲法改正草案による立憲主義の危機に警鐘を鳴らし続ける弁護士・伊藤真さんによる解説も読んでもらえばと思います。http://www.magazine9.jp/juku/003/

などなど、堅い話になりましたが、
昨年12月の投稿に書いたように「最終的には意味を押し付けるのでなく、ビジュアルとしてのインパクトが優先するものを作りたい」という気持ちでまとめていきましたので、ひとつの表現として多くの方に見てもらいたいと思っています。

・・・・・
取扱い店の情報など追ってお伝えしますので、しばしお待ち下さい。
ネットショップも再開準備中です。
マキイマサルファインアーツ(東京・浅草橋)には若干入荷しております。←5/8現在品切れ中
maruse(目黒)に若干入荷しました。←5/8現在


<タイポグラフィ作品の記事一覧>
COMMENT









Trackback URL
http://jb-diary.geppei.com/trackback/1231706
TRACKBACK