バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タイポグラフィの実験室 | main | タイポグラフィの実験室@府中市美術館 >>
インドの仏
来月、10年半ぶりに引越をするため
先月末から断捨離と荷造りに明け暮れていますが
少々煮詰まってきたので、国立博物館でリフレッシュしてきました。

お目当ては「インドの仏」
コルカタ・インド博物館所蔵の作品によって仏教美術の源流を探る展示です。
仏像の芸術性では、日本の運慶・快慶らが最高峰だと思っていますが
源流を見ておくことも必要です。
ガンダーラの仏像は、同じく東博の東洋館でかなり見られますが
今回は素朴な味わいのマトゥラーの仏像も観られてよかった。

個人的に印象に残っているのは最初の2点。
これだけでも来た甲斐があったと思いました。



これらは、仏の存在を「法輪」や「菩提樹」によって象徴的に表しているのですが、
観た時、入滅の際に仏陀が弟子に言い残した
「自己を拠りどころとし、法を拠りどころとせよ」というをことばを想起しました。
露骨な偶像を使わずになんとか「法」を表現しようとする姿勢に
奥ゆかしさを感じた次第。
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
COMMENT









Trackback URL
http://jb-diary.geppei.com/trackback/1231650
TRACKBACK