友人の展示

2011.07.14 Thursday

0
    同年代のアーティスト2名の展示を観ました。
    自分はミュージシャン&デザイナーとしての活動から
    最近やっとアーティストの仲間入りをしたところですが、
    美大卒業後ず〜っと、厳しいアートの世界を生き抜いてきた
    彼らの作品には学ぶところ大です。

    ●エサシトモコさんの「はなこさん」シリーズ
    クラインブルー@神保町)
    受注肖像彫刻といえるもので、誰でも楽しめる(参加できる)
    エンターテイメント性を持ちながら
    背後にはシリアスな社会批評性もあるような気がします。
    http://www.esashitomoko.com/hanakosan/index.html

    ●伊東直昭さんの「劣化ウラン」シリーズ
    SPCギャラリー@日本橋兜町)
    福島原発の事故を受けて、数年前のシリーズをまとめて出品なさっています。
    昭和の国民的キャラクターを引用しながら鋭い社会風刺に。
    3.11によってあらたな命を吹き込まれたようです。
    http://n-itohworks.blog.so-net.ne.jp/archive/20110712



    <タイポグラフィ作品の記事一覧>
    コメント
    暑い中、展覧会においでいただいた上に、ブログでも
    取り上げていただきました。
    ほんとうにありがとうございました。
    時節柄ご自愛の上、いっそうのご活躍を。







    • by 直-Itoh
    • 2011/07/17 1:42 AM
    直-Itoh様>コメントありがとうございます。
    「劣化ウラン」シリーズ、ほんとにタイムリーだと思います。今回まとめて観ることができてよかったです。
    • by バンドウ
    • 2011/07/17 10:36 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL