バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「読経ライブ」の映像 | main | ことば(1) >>
ダンマパダ
昨年は、内田樹(うちだたつる)氏にどっぷりはまりましたが
そもそも、「ジッポウ(ダイアモンド社)」という
カジュアルな仏教雑誌で、釈徹宗氏と内田樹氏の
対談記事を読んだのがきっかけでした。

今回初めて、釈徹宗氏の著作を買って読んでいます。
「いきなりはじめるダンマパダ/釈徹宗(サンガ)」
僕と同年代の僧侶&教授で、これはお寺での講義録です。

「ダンマパダ」とは原始仏典のひとつで、
以前紹介した「ブッダのことば(スッタニパータ)」と同じく
「真理のことば」として岩波文庫に収録されています。
※「法句経(ほっくきょう)」としても知られています。

まだ、大乗・小乗の区別もなかった古い時代のものですが
自分の愛読書のひとつなのです。

1 ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。〜

中村元氏訳の「真理のことば」はこんな文章で始まりますが、
読者は一行目からブッダのシリアスな言葉を突きつけられて
自分と対峙することになります。

釈氏の講義録は、ダンマパダを起点にしつつも
ブッダの基本思想の数々、ヒンドゥーも含めた仏教の通史、
他の宗教や哲学との比較なども網羅していて
初学書にはありがたいですが、かといって浅いわけでもなく
かなり本質的なところにも切り込んでいます。

印象に残ったのは、
「宗教には日常を破壊する力もあるが日常を再構築する力もある」という主張。
般若心経でいうと、前者が「色即是空」、後者が「空即是色」
にあたるのではないかと思います。


タイポグラフィ試作
COMMENT









Trackback URL
http://jb-diary.geppei.com/trackback/1065221
TRACKBACK