バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブッダ 最期のことば
ぶらっと本屋に寄った際、こんなテキストを見つけてびっくり。
NHK(Eテレ)でこんな講座をやっていたんですね。
しかも講師は注目していた「佐々木閑(ささき・しずか)」氏。
京大の工学部から文学部の哲学科仏教学に転部した面白い経歴の方です。

100分de名著」って正月特番は興味深く見ましたが、
普段もやっていたんですね。たまにはテレビも観ないと・・。



「インドの仏」展の記事でブッダの最後のことばを引用したばかりですが、
『涅槃経』という経典全体はまだ読めていませんので興味津々なのですが、
既に1回目、2回目は終了後だったので3回目を見ました。
25分という適度な長さで見やすいですね。
テキストのほうはもう少し詳しく書かれています。

この回は、仏陀に死期が迫ったときの悪魔とのやりとりや
食中毒で亡くなる際のエピソードから
彼が自分の死によってなにを示したかが語られましたが
それ以前の話として印象に残ったのは、

◎原始仏教(小乗仏教)と大乗仏教の違い。
良くわかっているつもりでも簡潔に説明できないのですが、
佐々木氏は、<原始仏教>=自己鍛錬の宗教、<大乗仏教>=救済の宗教、
という表現で方向性の違いを強調します。わかりやすい。
(もちろん大乗を否定するものではありません)

◎在家信者と出家者との関係性。
「在家信者」はお布施という形で出家者を経済的に支え
その見返りとして、「出家者」は厳しい修行の姿を見せる、という構図。
佐々木氏は、出家者を科学の「研究者」に、
修行の姿を「研究成果」に置き換えて説明しましたが、
出家者=「アーティスト」、修行の姿=「作品」でもよいと思いました。
いずれにしろ、そうした世俗を離れた人たちの努力によって
世界が大きく進化を遂げるということ。

佐々木氏によると涅槃経は「組織論」である、とのことですが、
次回の放送とテキストで引き続き勉強したいと思います。

<タイポグラフィ作品の記事一覧>
 
空海が持ち帰った書体
6月3日の東京新聞に、空海が唐から持ち帰った書体の記事が載っていました。

面白い!



↓拡大してPhotoshopのレンズ補正機能でゆがみを補正しました。
右上の装飾性は東洋のものとは思われない。



<タイポグラフィ作品の記事一覧>
絵心経
仏教に興味あります、勉強中です、
ということを各所でアナウンスしていると、
時々参考になる品をいただくことがあります。ありがたい事です。

先日の路上ライブにもお越しいただいた
四国出身松戸在住の方から、興味深い手ぬぐいを頂戴しました。

調べたところ「絵心経」というらしいです。その昔、
漢字を読めない人向けに絵で般若心経の読みを説明したなごりなのでしょうか?
こういったユーモアのある仏教の伝え方、良いなあ・・。



写真は上と下だけで途中省略。

<タイポグラフィ作品の記事一覧>

「経典」と「可読性」のこと。
今回の個展では「理趣経」という密教経典を取り上げています。

きっかけになったのは
「必生 闘う仏教(佐々井秀嶺著/高山龍智編)集英社新書」に、
理趣経の十七清浄句が紹介されていて、人間味を感じる内容に惹かれたのです。
その後「理趣経(松長有慶著)中公文庫」を読んで、
さらに引き込まれてしまいました。

しかし本来密教の経典・真言・印などは
師から弟子へ面授(めんじゅ)によって伝えられるもの。

今回は幸運にも、真言宗智山派の僧侶・高橋照和氏、佐々木大樹氏、
お二人から簡単なレクチャーを受けることができました。
この経典が「仏の立場から悟りの世界を表現した経典」であること、
絶対平等の立場、など短い時間でしたが重要な部分を教示いただき、
その後の制作も必然的に変わってゆきました。

結果的に、今回モチーフにした十七清浄句のいくつかは、
単なる幾何形体にしか見えないほど、
可読性ぎりぎりに単純化・抽象化する方向に向かいました。

これは、自分も含めた初学者にとっての
「経典」の難しさを表現したことにもなりますが、
別な角度から考えると、
あらゆる経典を暗唱し完全に身につけてしまった高僧にとっては
「経典(=紙に定着された文字)」自体が必要なくなる、
ということにも繋がるかと思います。
つまり、バラバラに解体されて空中に消えてゆく途中経過としての
(幾何形体的な)文字表現・・。

展示に来ていただいた方々と、
可読性・非可読性についての話題も何度か出る中で
そのあたりが今後のテーマになりそうな予感を感じています。
日本仏教史
正月番組「たけしの教科書に載らない日本人の謎」で
伝来〜廃仏毀釈ぐらいまでのおおまかな日本仏教史をやっていました。

最近だと「日本の仏教(渡辺照宏)/岩波新書」など読みましたが
どちらかというと初期仏典から入った自分は、
意外と分かっていない部分が多いのです。

なにしろインドから中国経由で日本に伝わってきた仏教は、
空海、最澄、を始め各時代の宗祖達による多くの宗派と教義の違い、
ヒンドゥー教、神道、道教、修験道などとの関係、
など大変複雑なため、全体像をとらえるのはなかなか難しい。

上記番組は入門者向けで駆け足でしたし、
テレビですからなんらかの指南意図はあるにしろ、
概論をおさらいする良い機会でした。

伝来次点での治世のため(貴族のため)の仏教が
布教対象によって多様化していく様子。宗派同士の対立と終息。
江戸時代の寺請制度(檀家制度のもと)による寺の役所化・形骸化、
そしてその反動とも言える明治維新での廃仏毀釈へ・・。

優れた宗祖達によって日本の仏教が
オリジナルな進化を遂げたことは確かですが
全体としては、各時代の支配者の都合によって
仏教というものがもてあそばれ続けてきたような印象を受けました。

もう少し深く勉強したいポイントがいくつもありましたが、
とりあえず、以前買ってあった「神仏習合(義江彰夫)/岩波新書」を
ひもといています。廃仏毀釈のことももっと知りたいですね。
自主活動のコンセプト
このブログ、自主作品公開を中心にしてから4ヶ月近く経ちます。
8月に初めて「読経ライブ」をやって勢いづいたので、
どうせなら、グラフィック表現とリンクして
自分の表現をより立体化してゆこうと考えたのです。

といっても自分の活動、分かりづらいと思います。
一応、最近のプロフィールは下記のような感じです。

 仏典や各種聖典をはじめ、古今東西の聖者・賢者が残した印象深い言葉を採集、
 音楽とグラフィックの両ジャンルで作品化を試みている。

自分が20代から追求してきた宗教的な世界には、
現代にこそ必要な大事なメッセージが多くあると思っていますが、
往々にして「古くさいもの」「うさんくさいもの」と思われがちなので、
グラフィックデザイナー&ミュージシャンとしての経験や技量を生かして、
ポップ&現代的な形で伝えられないかな?と思ってやっています。

音楽のほうは、1年半ほど前に「オルタナティブ宗教音楽」という名称を付けましたが、
「読経」の現代的解釈として、主に「仏典」をモチーフにして歌詞を起こし、
少しづつ楽曲化しています。「仏教」にこだわっているのは
もちろん自分がブッダの大ファンだからですが、
キリスト教、イスラム教などと比べて
仏教のほうがまだ音楽的に可能性を残している、という理由もあります。

グラフィックのほうは仏教にこだわってはいませんが、
「写経」の拡大解釈として、古今東西のありがたい教えを
現代的なタイポグラフィとして作品化しています。

制作ペースは遅いですが、来年以降もっと公に発表できるよう精進します。
ダンマパダ
昨年は、内田樹(うちだたつる)氏にどっぷりはまりましたが
そもそも、「ジッポウ(ダイアモンド社)」という
カジュアルな仏教雑誌で、釈徹宗氏と内田樹氏の
対談記事を読んだのがきっかけでした。

今回初めて、釈徹宗氏の著作を買って読んでいます。
「いきなりはじめるダンマパダ/釈徹宗(サンガ)」
僕と同年代の僧侶&教授で、これはお寺での講義録です。

「ダンマパダ」とは原始仏典のひとつで、
以前紹介した「ブッダのことば(スッタニパータ)」と同じく
「真理のことば」として岩波文庫に収録されています。
※「法句経(ほっくきょう)」としても知られています。

まだ、大乗・小乗の区別もなかった古い時代のものですが
自分の愛読書のひとつなのです。

1 ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。〜

中村元氏訳の「真理のことば」はこんな文章で始まりますが、
読者は一行目からブッダのシリアスな言葉を突きつけられて
自分と対峙することになります。

釈氏の講義録は、ダンマパダを起点にしつつも
ブッダの基本思想の数々、ヒンドゥーも含めた仏教の通史、
他の宗教や哲学との比較なども網羅していて
初学書にはありがたいですが、かといって浅いわけでもなく
かなり本質的なところにも切り込んでいます。

印象に残ったのは、
「宗教には日常を破壊する力もあるが日常を再構築する力もある」という主張。
般若心経でいうと、前者が「色即是空」、後者が「空即是色」
にあたるのではないかと思います。


タイポグラフィ試作
手塚治虫の「ブッダ」
6巻目読み終わりました。面白いです。
もちろんエンターテイメントとして
誰でも楽しめるように脚色されているわけですが
ブッダの思想のエキスはしっかり感じられます。

そもそも、コンサートツアーの仕事で頻繁に地方を回っていた時期に
ホテルの部屋の引き出しに入っている「仏教聖典」を読んでみたのが
ブッダの思想に興味を持つきっかけでした。
だいたい「新約聖書」が入っているんですが
たまに「仏教聖典」も入っています。
どちらにしろ、これらはほとんど読まれた形跡がないですね。


タイポグラフィ試作

※仏教聖典とは(東京に戻ってから本屋で買いましたが)、
特定の宗派ではない仏教伝道協会という団体が編纂しているもので
膨大な仏教経典のダイジェストを平易な口語で
コンパクトにまとめてある入門用の本です。

犀の角のようにただ独り歩め
このブログのタイトルについて語っていませんでした。

これは最も古い仏典(原始仏典)のひとつである
「スッタニパータ」の第1「蛇の章」中で繰り返される
「犀の角のようにただ独り歩め」という大好きなフレーズを
少しアレンジしたものです。

この経典は、中村元氏が原書に忠実に、しかも平易な口語に訳されたものが
岩波文庫の「ブッダのことば」として安価で手に入ります。

内容は、いわゆる「仏教」のイメージとはかなり違うものですが
今の時代にとてもフィットすると感じているのは自分だけではないらしく、
amazonなどでも数多くの賞賛のレビューが並んでいます。


タイポグラフィ試作
初写経
初めて「写経」というものを体験してきました。

仏教に対する興味と、書道・タイポグラフィに対する興味、
両方にまたがることなので、とても充実した時間を過ごせました。
しかし筆の扱いに慣れていないのと、気合いが入りすぎたのとで、
慢性的な肩こりがさらにひどくなってしまった・・。