バンドウジロウ(タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家)のブログ。
作品公開・活動情報・その他

◎オフィシャルサイト http://geppei.com/05_bando/jb_index.html
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
初期仏典から学ぶこと
アーナンダよ、ヴァッジ人が、未来の世にも、未だ定められていないことを定めず、すでに定められたことを破らず、往昔に定められたヴァッジ人の旧来の法に従って行動する間は、ヴァッジ人には繁栄が期待され、衰亡は無いであろう。
     ブッダ最後の旅 ー大パリニッパーナ経ー(岩波文庫)から引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

涅槃経とも呼ばれる仏典のワンシーン。

マガダ国の王女が、繁栄するヴァッジ族を征服しようと画策した際、部下をブッダのもとに送って助言を求めますが、ブッダはヴァッジ人の賢さを弟子の アーナンダにひとつひとつ確認しながら説き、彼らが7つの法を守っているからには容易に征服は出来ないであろう、と思いとどまらせます。
7つの法とは、会議を重んじる、協同して為すべきことを為す、旧来の方を守る、古老を敬う、女性や子どもに暴力を振るわない、霊域を敬う、修行者を保護する、といったことがら。
「国民の意見を聞く」「審議を尽くす」「憲法を守る」ことをしない日本の政権は、ヴァッジ族とは真逆の方向に進んでいるように思えます。

<タイポグラフィ作品の記事一覧>
A面B面
7月下旬から2ヶ月ほど、主に展示作品とアートブックの制作で
かつてないほどの忙しさでした。

朝起きるたびに新しいアイデアが出てくるような毎日は本当に幸せですが、
アウトプットが続き、新聞、本、美術館などからのインプットが滞ると
明らかに精神のバランスは悪くなり、思考回路も短絡的になってきます。

先月下旬に一段落して、やっとそういったインプット作業を再開しました。
とりあえず前から気になっていた森美術館の「アラブ・エクスプレス」展。
予想通り政治色が強く、まさにタイムリーな展示内容。

鑑賞後は、泥沼化するシリア内線など最新の中東情勢が気になって、
元外交官で中東の専門家・野口雅昭氏のブログ「中東の窓」を確認。
その後ネットサーフィンするうちに、野口氏の息子さんである
アルピニスト・野口健さんが子供のころ雅昭氏から言われたという
印象深い「ことば」が出てきた。

 「世の中にはA面B面がある。A面はほっといても見える。
 足を運ばないと見えないB面に、社会のテーマがある」

現代アートにも通じることばですね。
アラブ・エクスプレス展に出品していた作家たちは、まさに
母国のA面B面をどうやって見せていくかに腐心していたように思います。

先月のアートブックフェアで販売した
「クリシュナのことば」と「古今東西の聖者・賢者のことば」は
ありがたいことに、多くの方々に好評をいただきました。

意味より「文字の形」を面白がってもらえた部分も多いとは思いますが、
特に、ニーチェの「ツァラトゥストラ」からの引用に始まり
人間のB面をあぶり出すような「辛辣なことば」を書き連ねた
古今東西の聖者・賢者のことば」が20代〜30代の若い方々にアピールできたのは
自分としては予想外であったと同時に、大きな自信になりました。

社会のA面B面、人間のA面B面を考えつつ、今後も制作に励みたいと思います。

<タイポグラフィ作品の記事一覧>
年末のご挨拶
大晦日ですね。
本年もバンドウの不定期なブログを見ていただきありがとうございます。

世界も日本も大きく変わった年でした。
年末がなんの区切りでもなく引き続き、放射能、経済、
すべてにおいて危機的状況が続いていくことを覚悟しています。

先日、多木浩二氏が1995年に書いた
戦後50年の文化に関するテキストを読みましたが、
日本における戦後処理は、理性的な責任追及がなされたドイツなどと比較して
きわめて曖昧なものだった。シビアな責任追求も総括もなされず
政治システムも文化も、断絶ではなく温存された部分が多かった。
という内容が強調されていました。

年末の政府によるフクイチ冷温停止宣言はその戦後処理と
まさに同じ事の繰り返しに見えます。
政府がこんな状態ですから、一人ひとりが
批判を恐れず行動するしかないですね。
自分はアート表現や音楽表現を通してできることをやります。

・・・・・

今年のタイポグラフィと音楽の活動、
初個展を始め、かなりの手応えを感じることが出来ました。
ご来場いただいた方々には、御礼申し上げます。

新年早々、マキイマサルファインアーツにて開催される
「龍」2012展、には新作タイポグラフィ作品を出品いたしますので
是非よろしくお願いたします。

・・・・・

今年も多くの展覧会を観ました。
空海と密教美術、法然と親鸞、など仏教系も充実していましたが、
ひとつだけセレクトすると、
非常に象徴的だった「メタボリズムの未来都市展」。

「戦後日本・今甦る復興と夢のビジョン」というサブタイトルが示すとおり
非常にスケールの大きな展示ですが、
3.11後の日本においては、戦後復興期の「未来」「夢」といったものが、
いかにも儚いものに見えます。前述の多木氏が指摘したように、
曖昧な「温存」の中から生まれた架空の「未来」だったのでしょうか・・。

とはいっても作品そのものはどれも素晴らしく感じるわけで、
会場内で自己矛盾と向きあうことになりました。

特に丹下健三のいくつかの作品は圧倒的なスケール感と造形力に加えて
背後にスピリチュアルな象徴性を感じるもので
宗教と建築の関連を勉強したい気持ちになりました。

・・・・・

来年もよろしくお願いたします。
バンドウジロウ

2011 大晦日
アイヌのこと(3)
何かに夢中になって調べていくと、知識や情報のほうから
こちらに向かって歩いてくるようなことが時々起こります。

アイヌに関してもそういったことがありました。
例えば、仕事で北海道に行った際、たまたま知り合った牧場主に
アイヌのことを尋ねたのですが、帰京後しばらくしてから電話があり
木彫工房で働きながら画家としても活動するアイヌ青年を紹介してくれたのです。
彼とはその後しばらく交流があり貴重な話を聞くことができました。

ainu_video
アイヌ青年にもらったお手製のビデオ・パッケージ。
民族舞踊の映像をいっぱいダビングして入れてくれた。

・・・・・

また、母の再婚相手である彫刻家・根本勲氏は長く北海道函館を拠点にしていて、
自分も高校生のころ親しくさせてもらいましたが、
その昔、アイヌとかなり交流があったことが、最近になってわかってきました。
久しぶりで(今は山梨に住む)母を訪ねたときに
その根本氏の遺品のなかから、アイヌによる木彫工芸品とともに、
氏がアイヌの影響を受けて彫った木皿なども出てきたのは嬉しい驚きでした。
以下、譲り受けてきたものの一部です。

ainu_sara
アイヌの木彫りの器。有機的な造形が面白いです。

nemoto_sara
根本氏による木彫りの皿。アイヌ文様をアレンジしてしています。
アイヌのこと(2)
今日も朝日新聞夕刊のコラム「人脈記」で
アイヌ関係の話を興味深く読みました。
バブル崩壊をきっかけにして、民族意識に目覚め、
東京から北海道に戻って活動をなさっているアイヌの話などが
出ていましたが、このような話は他でも耳にしています。

バブル崩壊のときは自分もメインクライアントが倒産して
大打撃を受けたのですが、今思えば、あの時期を境に
多くの人々の目が「まっとうなもの」に向かうようになったのかもしれません。。

アイヌの「まっとうな食文化」に触れて感じたことを、6年近く前に、
自分のHP「plottype」内「粗食日記」に書いているで載せておきます。

●アイヌ民族からのメッセージ 2003/1/20
先日、東京・八重洲にある「アイヌ文化交流センター」で行われている「アイヌ文化公開講座」に参加してきた。月一回のこの講座、この日のタイトルは「食べものー秋から冬へー」。とりあえず旭川市在住のおばあちゃんに食材の採集・調理法を伝授してもらうという構成のビデオを鑑賞。まずは彼らにとって「神の魚」というほど大事にされている「シャケ」のさばき方&保存法から始まった。各部位をていねいに切り分け、お頭に至るまで無駄なく使う。次は野山に入って、木の実やキノコの採集&調理。聞き慣れない植物が数多く紹介されたが、こういった栄養価が高く薬効もある野性植物の知識があったため、戦後の食糧難の時代も彼らが栄養失調になることはまずなかったという。そして最後は熊や鹿の肉をふんだんに使った鍋料理。「あく」など気にも止めない大胆な調理だが見るからにうまそう。時々、ビデオを止めて阿寒在住の女性が解説をしてくれたわけだが、彼女たちの素朴な話の中にはとても大切なメッセージが込められていた。一つは、自然から食べ物を「いただく」という謙虚な態度。物理的には「採る or 捕る」という事なのだが、あくまでも「いただく」のである。二つ目は、木の実にしろ魚にしろ「採り尽くす」ことをせず、他の動物のため・もしくは来年のために何割かは残しておくこと。そして三つ目は「いただいた」食べ物は(食べるだけでなく薬にするなど)無駄なく活用するということ。淡々とした話を聞きつつ、現代の社会と食生活について、いろいろと考えさせられたのでした。

アイヌのこと(1)
数週間前NHKで、「アイヌ神謡集」の著者であり、わずか19歳で亡くなった
「知里幸恵(1903〜1922)」のドキュメントを見ましたが、
ここ数日は朝日新聞夕刊の一面のコラム「人脈記」がアイヌ関係ですね。
※ちなみに「アイヌ」とは「人」という意味です。
「イヌイット」も同じく「人」ということ。

自分は6年ほど前、突然アイヌについて知りたくなり、
いろいろ勉強をして影響を受けました。
きっかけは、相方(まだ結婚前でしたが)がたまたま買った
「OKI」さんというミュージシャンのCD。

彼はアイヌと和人のハーフですが、
アフリカ音楽やレゲエなど辺境の音楽と
「トンコリ」という5弦琴(アイヌの伝統的弦楽器)や
ウポポ(アイヌ独自の輪唱形式の女性コーラス)をうまくミックスして、
とてもセンスの良い映像的なサウンドを作っていた。

自分は北海道の旭川という道内でもアイヌの多い地域の出身ですが
アイヌのことは、わずかに伝統工芸品などを通して知るのみでした。
OKIさんの音楽がきっかけとなって、自分が
先住民であるアイヌについていかに無知であるかを自覚して反省しました。
しばらくはアイヌ関係の本を買ったり図書館で借りて読んでいましたが
その後、八重洲の「アイヌ文化交流センター」での
「アイヌ文化公開講座」にも何度か足を運ぶことに・・。

本を通してアイヌの苦難の歴史を知り、
講座で直接アイヌたちから様々な苦労話を聞く中で、結果的には
自分達の祖先が犯した罪と向き合うことになりました。
辺境生まれ
「大琳派展」を見た流れで、「ブルータス」の琳派特集を読んだ。
おさらいにはぴったりだったが、一番すごい作品
「松島図屏風」「雲龍図屏風」(共に俵屋宗達)などが
アメリカ/フリア美術館にあって、
絶対に日本に帰国できない(門外不出)というのは悲しい話。

あと、一見無関係そうな「会田誠」さんの記事が意外と面白かった。
「日本の文化の中心はやはり京都であって、
東京ですら野暮ったい所なのに、自分の生まれた新潟など
さらに野暮ったいところである。」という様な話。

彼独特の「自虐キャラ」の戦略的演出であるのはわかりますが、
北海道出身の自分もとても共感します。
というか、新潟よりさらに辺境の北海道は野暮ったいどころか
明治維新まで日本ですらなかったのですから・・。
とにかく文化的にはまったくもって貧弱ですね。
(先住民であるアイヌの伝統がやっと見直されているのはよいことです。)

数年前、仕事でサハリンの州都「ユジノサハリンスク市」に
行く機会に恵まれましたが、気候といい雰囲気といい、
子供の頃の北海道そっくりでした。そのとき、自分の生まれ故郷は
ロシアの一部であってもおかしくない土地なんだ・・、
ということを実感しました。

などなど考えていくと、これから辺境の音楽にこだわっていくのも
いいのではないか、と思えてきました。
BGM考
先日、昼食にとあるスパゲティ屋に入ったら、自分の好きな「フェリシダージ」「オルフェのサンバ」などがかかっていて嬉しかった。ともにブラジルの「黒いオルフェ(1959年公開)」という映画のサントラで、大ヒットしたためその後無数のアーティストにカバーされ、ブラジルを代表するスタンダードになった曲。

さっそく、家に戻ってからは「黒いオルフェ」のオリジナル・サウンドトラックを聴きながら仕事。やはりオリジナル・ヴァージョンは良い。

グラフィックの仕事をしているときは何らかの音楽を聴いていることが多いですが、ジャンルはやっている作業によってまちまちです。

◎アイデア出し → クリエイティブ&実験的な音楽
◎単純作業 → そのとき気になる音楽、なんでも。
◎締め切り間際 → 勢いのあるロック
◎ソフトなどの勉強 → 気が散るので音楽はかけない

自分の場合以上のような感じです。BGMによって自分のテンションをある程度コントロールしているところはあります。しかしあまり大きくかけると脳みそが音楽を解析するモードに入ってしまうため、ほどほど音量になってしまう。そうするとストレスもたまってくるので、買ったばかりのCDなどは仕事中は聴かず、夜に音楽部屋で大音量でじっくり聴くのです。

bgm
弓とギター
前述の内田樹(うちだたつる)氏のHP内コラム「ウッドストック」が面白かった。弓道の達人が厳しい修行の末、自我を捨ててある種の「トランス状態(神がかり)」になって的を射ることと、ジミ・ヘンドリックスはじめロック・ギタリストの多くがやはりそういった状態になりやすいことの類似性を論じているのですがツボにはまりました。内田氏が着目しているのは「ギター」と「弓」の「木に弦を張る」という構造と「弾く(はじく)行為」の共通性です。民族楽器はこの構造が多いですね。アイヌの「トンコリ」なんていう5弦琴はまさにシャーマンが弾く楽器だったわけで。もともと弦楽器というのは何らかの祭祀のための道具だったのでしょうか・・。自分はトランス状態にはならないですが、ギターという楽器に魅力を感じ続けている秘密が少しわかったような気持ちです。

guitar
「知」の道先案内人
最近、思想・哲学に興味があります。今までの「愚者は経験に学ぶ」生き方に対する反省があり、もっと「歴史」や「先人の知恵」を学ぶ必要を感じています。「体力」は衰えても「知力」は増やしたい。「弱者とは自分の思想・哲学を持たない人間」とは最近聞いたの某仏教学者の言葉。そんな中「知」の道先案内人になってくれそうな思想家を見つけました。内田樹(うちだたつる)さん。フランス哲学がご専門のようですが最近は仏教も勉強なさっているようです。現代社会に対する俯瞰した視点での言葉は、ストンと腑に落ちる感じです。